推しと出会った話③

まさかまさかのV6の話。

 

V6との出会いなぞ、もはや覚えてない。

小学生の頃から身近だった。

「Kinkiは光一派?剛派?」というのと同時に「V6だと誰が好き?」ってのはよく話した。

当時は三宅くんが好きだった。

毎週火曜日は伊藤家の食卓学校へ行こう!という三宅くんを2時間見る、という幸せ。

ちなみに、トニセンでは長野くんが好きだった。

 

さらにちなみに母は、トニセンは坂本くん、カミセンは岡田くんが好きだった。

ちなみにさらに余談だが、私の推し達は一時お仕事が少なく、母に「あんたの好きな人仕事少ない人ばっかりじゃない。見る目不安や」と相当言われた。本当ひどい笑

 

とはいえ、学校へ行こう!が終わるとV6と触れ合う機会がなく、相当なファンではなかったのでしばらく特に思い出はない笑。

 

 

久々の関わりは、確か20周年の頃。

ベストアルバムが出たからだったか、よく読んでたブロガーのジャニオタさんがV6推しだったからか、テレビ露出が増えたからか、そのあたりの理由が絡み合って再度興味を持った。

この頃はもうライブ好きだったので、「あ、V6のライブ行きたい」と思ってサクッとファンクラブへ入会し、ライブに行った(この頃は興味のあるライブは行く、というフットワークがとんでもなく軽かった)

その後は個人の舞台やミュージカルに行く、という感じ。

とはいえ、トニセンのミュージカル、坂本くんのミュージカル×2、長野くんのミュージカルくらいか。

 

で11月1日、V6は解散します。

心残りはある(ライブもう一回くらい行きたい)。

けども、彼らの決断を、勤続26年を讃えようじゃないか。

 

ラジオの話2021

聴いてるラジオ 2021年度

 

月曜

ポルノグラフィティ新藤晴一カフェイン11

ファーストサマーウイカオールナイトニッポン0

・パンサー向井のチャリで30分

・ミルクボーイの煩悩の塊

火曜

・NEWS小山慶一郎のKちゃんNEWS

・#むかいの喋り方

・YOASOBIのオールナイトニッポンX

creepy nutsオールナイトニッポン0

水曜

・佐久間宣行のオールナイトニッポン0

・ますまるらじお

木曜

・ぺこぱのオールナイトニッポンX

マヂカルラブリーオールナイトニッポン0

金曜

中川家 ザ・ラジオショー

・アシタノカレッジ(たまに

・増田貴久 MASTER HITS

三四郎オールナイトニッポン

東野幸治ホンモノラジオ

土曜

田中みな実 あったかタイム

・オードリーのオールナイトニッポン

日曜

高橋ひかる Highway Runway

・#みちょパラ

・SORASHIGE BOOK

 

増えたのは

YOASOBI、ぺこぱ、マヂカルラブリー、ますまる

減ったのは

ヨブン、ゼロイチ、ますます、宇垣ちゃん、オフモード

 

改編の波に飲まれるのは辛い!

ann0については聞いていた月火水は全部突破したんでよかったですが。

で、木曜聴き始めて、金曜も凱旋wしたんでann0は平日は全て聴くというめちゃくちゃラジオリスナー!

スマートホーム化したかった話

お題「これ買いました」

 

テレビでスマートリモコンなるものを知った。

おそらく、謎解きクリエイターの松丸亮吾さんが紹介してたのではなかろうか。

勝手にカーテンが開いたり、ノックの音で作動したり大変便利そう。

 

また、一人暮らしだと、家に帰るまで暖房がつけられない→寒いところに帰らねばならない→少しでも暖めたい→遠隔でスイッチ入れられるスマートリモコンや!

 

と言うことで、これらを購入。

 

スイッチボットがハブ(リモコンの集約)

 

 

スイッチボットとリンクするコンセント(スイッチボットでコンセントのオンオフが出来る)

これはリモコンのない家電でこれのオンオフをすることが可能。

 

〇買って使用した感想

・リモコンの集約の作業はそんなに難しくなかった。

・とりあえず、部屋の電気・テレビ・エアコン・ダイソンの空気清浄機を登録。

・コンセントはパネルヒーターのコンセントにつないだ。パネルヒーターがリモコンがついておらず、タッチパネル式なのでコンセントにつないだ。

しかし、ここで問題点。タッチパネル式なので、コンセントをオフにしたら電源を自動オフできるが、コンセントをオンにしても電源をオンできないことに気づく。

コンセントのオンオフが生きるのは物理スイッチ(しかもオンオフで状態が違うもの)でスイッチはオンしたままでコンセントのオンオフで電源オンオフできるものに使用すべきだ。

例えば、昔ながらの扇風機みたいなイメージか。

 

タッチパネル式の家電をスマート化する方法がないのか絶賛調べ中である。

パネルヒーターはタイマー駆使するしかないかな…。

 

 

 

 

ネイルにハマった話

2020年、コロナ禍により会社が休みの土日に時間ができた。

何しよ、と思ったときに、ネイルしよう!と思ってポリッシュを買い出したのが全ての始まり。

2021年2月現在、ネイルホリックが19本!両手足、全て違う色になります!(1本は塗らないという裏技込みですが)

 

どうも好みの偏りにより、似たような色買いがち。

 

パーソナルカラーがブルベ夏ということもあり、青みピンクやら紫を買いがち。

バリバリの会社員ですが、内勤なので多少の爪の色は問題ない、と思っている。

基本的に社外の人とは会わないので大丈夫と思ってる。ただし、少々ビビりなので偉い人と話す時に指差す時に丁寧さを醸し出して手を表向けて示すようにしている笑。

 

 化粧するのも髪をまくのもテンションは上がるけれど、

爪はパソコンでタイピングしているときに見えるので一番テンション上がる。

なのでやっぱり自分の好きな色を塗るしかない。

『爪かわいいーーー』ってなりながらタイプしている。

 

なので今日も爪はカラフルでテンション高い。

 

前田裕二のゼロイチ ツイゲス回を聞いた感想の話

2021/2/17 ニッポン放送をキーステーションにお送りされている「前田裕二のゼロイチ」。

前週は今はやりのClubhouseとのコラボということでClubhouseに集まった人を突然ゲストとしてブッキングして突然お送りするというバタバタ回だった。

(バタバタしてた、というのは本人も言及されていた。「リスナーが置いてけぼりにならないようにするのが大変だった、お腹がすく放送だった」と感想をおっしゃっていた。また、Clubhouseは権利関係が厳しいらしく、曲とかを流せないのに、歌っちゃうゲストもいて本当に大変そうだった…スタッフさん)

 

で、今週はリスナーの話を聞く、ゲスト=Twitterでつぶやくリスナーという試みが行われた。

メールに重きを置きすぎ、Twitterの反応をラジオで言わないことに関して疑問を抱いてたという前田さん。

確かにそう言われると、どの放送でも『メールアドレス』のお知らせと同時に『Twitterハッシュタグ』のお知らせもなされて、ハッシュタグをつけてどんどん呟いてください、といったことはよく言われているが、そのリアクションを特にラジオ内で言及しないよな、とは思った。トレンド入りしたりしたら言及されるけども、細かい呟きってあまり放送に乗らないのは確かにもったいない気がする。

 

今からその感想を書きたいと思うが、

私は基本的にタイムフリーでラジオを聴いており、今回もタイムフリーで聴取しているので実際のこの流れ・盛り上がりを肌で感じられてない感想であることはご了承願う。

 

Twitterのリアクションについて

(メリット)

・各人の呟きは1文が短いのでたくさんリアクションを読める

・普段のメールは作家さん?が印刷してパーソナリティが読んでいるが、Twitterはパーソナリティが直接スマホ?から読んでいるので紙に印刷する手間、タイムラグ、紙の削減が可能。

 

(問題点)

Twitterの感想を選んでいるときや、アンケートを入力しているときにパーソナリティが無言になっている時間が多く、あわや放送事故となりかけている。また、話す量が圧倒的に少ないので、情報量が減り、物足りなさを感じる。

Twitterを見ながら話をしているときに、Twitterが流れていくからか、眺めちゃう感じになったり、それを見ながらの感想が声が小さく独り言っぽくなり、何に対しての感想なのかが分かりづらくなってしまう。

・呟きの文章があまり推敲されていないようで、一聴して何を話しているか分かりづらい。→これはTwitterの特性上仕方ないか?

 

 

〇ルールについて

(メリット)

・アンケート機能は回答時間を設けるので、リアクションが多少遅い人でもリアクション(投票)しやすい

Twitterをメール代わりに使用すると、ただ垂れ流す感想よりも呟きの件数が増える(メールがTwitterに集約される)→Twitterのトレンド上位に上がる→ラジオを聞いていない人の目にも触れることができる→気になった人が調べたりする→聞く人が増える、という好循環につながる

 

 (問題点)

・ルールが決まっておらず、使用するハッシュタグが分かりづらい。

・ラジコのエリアフリーのタイムラグが考慮されてないのではないか。

・シンプルに垂れ流す感想についてハッシュタグをつけて書きづらい

 

〇改善点の提案(偉そうにすみません)

・少なくともアンケートの作成はパーソナリティ本人がする必要ないので、スタッフさんに任せるべき

・できればTwitterを見て呟きを選ぶ人も分けた方がいい。一人が呟きを選んで読んで、もう一人がリアクションする方が、無言の時間は減る(ただ、これはパーソナリティ本人がしたいんだろうなと思うので、ここは難しいかもしれない)複数パーソナリティの番組だったらもう少しやりやすいかも。

トークテーマがグダった感じがしたので、予め1こ2こ決めておくとか、テーマを事前に募集するとかしたほうが良かったかもと思う。(時間内に、テーマも決めて、そのテーマに対するリアクションもして、っていうのはばたばたした感じ)

 

聞いていて実験的で面白かったので、改善次第では他の番組でも応用されそうな気がする!

 

北川景子が好き過ぎる話

北川景子さんが出産を経て、映画の宣伝の為に早期で復帰されました。

 

北川景子さんは雑誌セブンティーンを読んでた頃にモデルさんされてて「なんだこの美人は?!」と思ってからずっと好きです。

美人で頭良くて性格もサバサバ?してる感じでカッコいい!

 

なによりも好きなのは、DAIGOさんとの結婚発表会見。

ワイドショーを録画して何回も観たし。

質問者「北川景子さんの料理で好きなのは?」

DAIGO「味付けがドンズバ。カレーとか」

北川景子「もっと難しいの言って欲しい…」

 

…可愛すぎませんか?????????

DAIGOも北川景子も可愛いし平和だし憧れます。。

 

復帰のために、体ちゃんと絞るけど「復帰したくなかった」って言ったり、「お風呂は現在行水、ゆっくり風呂に入りたい」とか「ご飯は出来合いもある」と正直に言う北川景子大好き。

 

最近は仕方ないけど、前はすごーい長いブログ書いててそれも好きだったー!

CMに出たものをきちんと自分の言葉で表したり、大好きな宝塚のことについて熱く語ったり。

このブログもそれ目指したいんだけどなぁ…

推しと出会った話②

NEWSという沼に落ちた話

 

ポルノグラフィティが音楽の入り口だったので特にジャニーズに深くはハマらない生活を送ってました。

とはいえ、特に嫌悪感も無かったので、このグループならこの人が好きとかはもちろんあったし、レンタルショップでCD借りて聴いたりはしてました、割と満遍なく。

 

NEWSは特に可もなく不可もなくという印象で、山下智久さんの出てるドラマはよく観ていた(プロポーズ大作戦とか、ドラゴン桜とか)し、テゴマスは声がいいなぁと思ったり、という程度でした。

 

それは山下さん錦戸さんがNEWSを辞めた後で、なんとなく応援したいな、という気持ちはあった。

 

きっかけはいろいろあったように思う

・まっすーの声が元々好きだった

少年倶楽部かなんかの手越さんの「やる気のない人を留めておくのも良くない」という発言にひどく共感した

・加藤さんが作家デビューした

チャンカパーナが面白くていい曲だった

チャンカパーナのタイミングで4人でテレビにちょこちょこ出てた

といった感じで小さいきっかけでなんとなく気にするようになってた

 

で、

地元でコンサートが開催される、というとんでもニュース。

一般でチケットが取れてしまった、行くしかない!ということで、友達を連れてコンサート参戦。

 

 

 

 

はい、落ちたー

 

という沼に落ちた話。

 

その時とても印象的だったのは

・まっすーはかなりのお笑い好き(コアな芸人さんの物真似してた)

・まっすー割と滑ってる

・加藤さんはいじられ役

・「シゲが元気ならそれでいい」に泣く私

・小山さんが回してる

 

そんなこんなで、NEWSにハマって7-8年?もっと?経ちますがオタク活動楽しんでます笑